体質改善コラム

骨盤の歪みのタイプ別改善法

横浜店 副店長の渋谷です。骨盤の歪みは肥満や便秘、肩こり、肌荒れ、むくみなど、いろいろな体の不調を招いてしまうことで知られています。代謝を良くしておくためにも、骨盤の歪みを改善することは大切です。

ところで、骨盤の歪みにもタイプがあることをご存知でしたか?ここでは、骨盤の歪みのタイプと、タイプ別の対処方法についてご紹介します。

骨盤の前後の歪み

骨盤が、正常な位置よりも前に倒れていることを前傾、後ろに倒れていることを後傾といいます。これは、壁を背にして立つ方法でセルフチェックできます。まず、壁を背にして立ち、カカトとお尻、頭を壁にぴったり付けます。

こうして立った時に、壁と腰との隙間は手のひらの分厚い部分がちょうど入るくらいが理想です。しかし、壁と腰の間にこぶしが楽に入るようであれば前傾、手のひらも入らない状態であれば後傾の可能性が高くなってきます。

どちらのタイプもお腹がポッコリと出やすいのは変わりませんが、

前傾ですと、反り腰の状態になりやすく腰痛やギックリ腰になりやすくなってしまいます。後傾ですと、猫背になりやすくバストが小さく見え、膝にも負担がかかりやすいという問題点があります。

前傾、後傾になってしまう主な原因のひとつとして、身体の前後の筋肉がアンバランスなことが挙げられます。ですから、体の前後の筋肉を鍛えることで前傾、後傾の改善を図ることができるでしょう。

骨盤の前傾、後傾の改善方法

骨盤の前傾、後傾の改善に効果的なエクササイズをひとつご紹介します。一般に「キャット&ドッグ体操」とも呼ばれており、ご存知の方もおられるでしょう。これは自宅で簡単にできるエクササイズです。就寝前の習慣にしてみるのはいかがでしょうか?

まず、床に四つん這いになります。この時、手の位置が肩の真下になるようにすること、膝の位置が股関節の真下になるようにすることがポイントです。これが基本ポジションです。

その後、猫のポーズと犬のポーズを繰り返します。まず猫のポーズです。首から腰までを丸めます。猫が伸びをしている状態をイメージしましょう。この猫のポーズは、どちらかというと前傾タイプの改善方法となります。前傾タイプの方は猫のポーズを重点的に行いましょう。

次いで犬のポーズです。左右の肩甲骨を寄せるように意識し、顔は前に向け、腰をそらせます。先ほどの猫のポーズとは真逆の動きになります。この犬のポーズは骨盤が後傾の場合に特に有効です。後傾の場合には、犬のポーズを重点的に行いましょう。この動作をゆっくりと、数セット行うとよいでしょう。

骨盤の左右の歪み

骨盤は左右対称であることが望ましいのですが、いつも片側だけ足を組む癖があったり、片方でカバンを持つ癖があったりすると骨盤が左右不対称になってしまうことがあります。骨盤が左右対称かどうかは、鏡を見て骨盤の高さがずれていないか、肩の高さがずれていないかでもチェックできます。

また、床に座って足をまっすぐ前に投げ出し、自然に力を抜いたときに、つま先が左右に同じ程度開いているかどうかでもチェックできます。左右対称でないなら、骨盤が左右に歪んでいる可能性が高いです。

ここで、骨盤の左右の歪みの改善方法をご紹介します。骨盤が左右に歪んでいる場合、どちらかの筋肉がこわばっているケースが多いです。そのため、骨盤付近の筋肉をほぐすエクササイズが効果的だと考えられます。

ベッドの上であおむけになります。上半身はそのままに、右ひざを折り曲げて体の左側に持ってきましょう。ゆっくりと息を吐きながら7秒ほど止めます。これを左右対称に行います。毎晩就寝前に行ってみましょう。

骨盤のねじれによる歪み

骨盤のねじれは、骨盤の歪みの中でももっとも多くなっています。ねじれているといってもごくわずかなのですが、人間の体はとても精密なので、骨盤のわずかな捻じれでも腰痛やむくみ、コリの原因になってしまいます。

骨盤のねじれの改善は、骨盤帯をほぐすことがカギとなります。これにはウイングストレッチと呼ばれるストレッチが効果的です。ベッドの上に仰向けの状態でまっすぐになり、膝を折り曲げて左右に倒しましょう。これをゆっくりと10回行います。

さらに、今度は手を上に伸ばし、足を軽く開いてつま先を開きます。この状態で、思いっきり床からお尻を離しましょう。この状態を7秒間キープします。これを10回行いましょう。

ここまでで、骨盤の3タイプの歪みに効果が期待できるエクササイズのご紹介をしました。どれもベッドの上でできるものばかりです。就寝前に、骨盤のリセットとして行ってみましょう。骨盤の位置が正しければ、良質な睡眠にもつながるでしょう。

この記事をご覧の方におすすめのキャンペーン

本気痩せリンパスリム

記事一覧へ

関連記事

痩せやすい身体を作ろう!骨盤によい姿勢&悪い姿勢とは?

痩せやすい身体を作ろう!骨盤によい姿勢&悪い姿勢とは?

先日、デスクワークで長時間作業を終えたときのことです。急に腰がピキッと痛みが走って、腰痛になってしまいました。それだけではなく、首まで痛くなってきたときにはもう泣きそうでした。首と腰を痛めたわたしに、パルトネールのベテランエステティシャンが「骨盤が歪んでるからじゃない?骨盤が歪むとダイエットにもよくないよ~」と一言!

続きを読む

産後の痩せやすい時期にダイエットを始める際の注意

産後の痩せやすい時期にダイエットを始める際の注意

産後は太ってしまう人が多いものです。お腹に赤ちゃんがいる時には少なくとも10kg以上は体重が増えているのですから、出産をしてもすぐに元の体に戻るのは簡単ではありません。しかし、産後は痩せやすい時期と言われているのを知っていますか?

続きを読む

骨盤矯正で痩せやすい体になるコツ

骨盤矯正で痩せやすい体になるコツ

痩せやすい体になる方法の一つとして、骨盤矯正があります。骨盤がゆがんでいると、脂肪が蓄積しやすくなるのです。姿勢も悪くなるので、肩こりや頭痛、腰痛の原因にもなります。今日は、そんな骨盤矯正で痩せやすい体になる方法についてインタビューをしてきました!

続きを読む

すぐにできる骨盤の歪み3つの対処法

すぐにできる骨盤の歪み3つの対処法

腰は”月”=肉付き、”要”=かなめという意味をもっており、古来の人々も腰が上半身と下半身を繋ぐだけではなく、とても重要な役割を果たしている事をしっていたのでしょう。多くの方が腰がだるい、痛いと感じたことがあると思いますが、骨盤が歪んでいると感じる方は果たしてどのくらい居るでしょうか?

続きを読む

  • リバウンド
  • 骨盤の歪み
  • 小顔
  • 冷え
  • むくみ
  • からだのライン